モデリング・ワークスは、模型の製作工程や完成品をご紹介。また、ラジドリやミニ四駆などの記録を掲載する趣味のサイトです

ミラココア(L675S)ヘッドライトHID化

ミラココア(L675S)ヘッドライトLED化

夜間走行時に前方を照らすヘッドライト、ミラココアの純正バルブはハロゲンバルブでちょっと明るさが物足りない。
今回、自宅に余っていたHIDキットがあったのでミラココアのヘッドライトをHID化してみました。

このページではミラココアのヘッドライトバルブの交換方法を写真を交えてご紹介します。

素人が作業している内容です。くれぐれも参考程度で、自己責任の作業にてお願い致します。

 

ミラココアのヘッドランプ

ミラココアのヘッドランプバルブは『形状:H4』です。

今回付け替えるのは同形状のHIDバルブキットです。
HIDキット 35W 6500K
HIDキット 35W 6500K

消費電力が35W、明るさが6500ケルビンのHIDです。
ネットショップで『H4 HID』で検索するといろいろな商品が出てきますが、車検や雨天、雪の降る中を走ることを考えると6500Kが妥当ではないかと思います。

Amazon 『H4 HID』

 





 

ヘッドランプバルブ交換作業手順

ボンネットを開けてバッテリーのマイナス端子を外します
ボンネットを開けてバッテリーのマイナス端子を外します。

 

ヘッドライトをエンジンルーム側から見たところです
ヘッドライトをエンジンルーム側から見たところです。
青・赤のコードがヘッドライトバルブに繋がっています。

 

コネクタ端子を外し、ヘッドライトに雨などの侵入を防ぐゴムカバーを外します
①コネクタ端子を外し
②ヘッドライトに雨などの侵入を防ぐゴムカバーを外します。

 

H4バルブは矢印部のピンで抑えられていますのでこれを外します
H4バルブは矢印部のピンで抑えられていますのでこれを外します。

 

これでH4バルブを取り外す事が出来ます。
これでH4バルブを取り外す事が出来ます。
※バルブを素手で触らない様に注意
※ヘッドライト点灯直後はバルブが熱くなっているので必ず冷えている時に作業して下さい。

 

HIDバルブを取り付ける際には部品を分割します
HIDバルブは部品を分割して取り付けます。
緑のリングの箇所で分けることが出来ます。

 

HIDバルブの傘の部分を捻ると
-マークに合わせ、HIDバルブの傘の部分を捻ると・・・

 

傘部とバルブ部に分割されます。この傘部分を先につけていきます
傘部とバルブ部に分割されます。
この傘部分を先につけていきます。

 

バルブの凸とヘッドライトの凹が合うようにはめてピンで押さえます
バルブの凸とヘッドライトの凹が合うようにはめてピンで押さえます。

 

防水ゴムカバーを取り付けます。この際、傘部品後部の黒いパーツが
防水ゴムカバーを取り付けます。
この際、傘部品後部の黒いパーツがゴムより手前に出る様にしっかりとはめます。ゴムがきちんと付いていないとバルブ部分が取り付け出来ません。

 

HIDの傘部品を取り付けたところを前方から見てみます
HIDの傘部品を取り付けたところを前方から見てみます。
上部に開いた部分がきます。

 

バルブ本体を取り付けます。
バルブ本体を取り付けます。
見えませんが、-マークに合わせ捻って固定します。

 

HIDのバラストを取り付けます。
HIDのバラストを取り付けます。

 

空間が開いた、丁度良い箇所があったのでココに取り付けます。
空間が開いた、丁度良い箇所があったのでココに取り付けます。
10mmのボルトを緩めて外します。

 

バラスト金具の角度を調整してボルトで固定します。
バラスト金具の角度を調整してボルトで固定します。
取り付け位置は、雨などが当たらない場所が良いでしょう。
バラストがブレて傷がつかない様にボディにテープを貼り保護しました。

 

ヘッドライトのケーブルを繋ぎます。
ヘッドライトのケーブルを繋ぎます。

 

点灯テストをしてみます。やはりHIDは明るいです!
点灯テストをしてみます。やはりHIDは明るいです!

 

反対側のバルブも交換したらHIDバルブの取り付けは完了です。
同じように反対側のバルブも交換したらHIDバルブの取り付けは完了です。

 

これで夜間の走行も安心です。
これで夜間の走行も安心です。
バルブが切れた時の為に純正のハロゲンバルブは大事に車に乗せておきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)