モデリング・ワークスは、模型の製作工程や完成品をご紹介。また、ラジドリやミニ四駆などの記録を掲載する趣味のサイトです

ミラココア(L675S)ハンドルカバー取り付け

ミラココア(L675S)ハンドルカバー取り付け

ダイハツ ミラココア(L675S)のインテリアはダッシュボード・インパネなどが、ファッショナブルなホワイト系の内装色となっています。
ミラココア(L675S)の内装
そんな中ステアリングがウレタンの黒いハンドルで、ちょっと浮いて見えます。

なんとかしたいなぁ~と考えて、ハンドルカバーを付けようと思いました。
ネットショップ等でいろいろ探した結果、購入したのがこちら・・・
ボンフォーム ハンドルカバー Sサイズ ベージュ
ボンフォーム ハンドルカバー  Sサイズ ベージュ

ミラココアの内装に絶対に似合うと思い、納車前に購入してしまいました。
Sサイズです。

 

Amazon 『ハンドルカバー Sサイズ』

 

 

ハンドルカバー取付け

ボンフォーム ハンドルカバー取付け説明書
車が納車されたら、早速取り付けてみました。
取付け説明書にあるように上部から被せていき、左右下に引っ張りながら取り付けていきます。
しかし、これがなかなか力が必要で、女の子には無理っ!暑い中、父親が汗だくになりながら取り付けていました。

 

ボンフォーム ハンドルカバーを取り付けたミラココア
格闘する事、数分(10分ほど?)でステアリングカバー取り付けが完了しました。
ハンドルサイズにぴったりで、ミラココアの内装色にとっても似合っています♪

ミラココアにお乗りの皆さんにオススメです~♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)