Modeling-Works

モデリング・ワークスは、模型の製作工程や完成品をご紹介。また、ラジドリやミニ四駆などの記録を掲載する趣味のサイトです

ハセガワ 1/12 HONDA NSR500 1989 制作01

calendar

ハセガワ 1/12 NSR500 1989 制作01

積みプラのひとつ
『ハセガワ 1/12 HONDA NSR500 1989』 を作るのだ!

Honda NSR500 89 バリバリ伝説 01-01

組み立て設計図の順番は無視して・・・
カウリング類から!
Honda NSR500 89 バリバリ伝説 01-02

HONDA NSR500
ホンダ・NSR500は、ホンダ・レーシング(HRC)が開発した競技専用のオートバイ。
2ストローク500ccV型4気筒エンジンを搭載したロードレーサーである。
500ccという排気量から、初代NSRは140ps、最終的には200psを超えると言われるまでのパワーを発揮した。年々のパワーアップ競争で常にライバルのヤマハやスズキをリードしていたと言われるが、ライダーのコントロール能力を超えるほどのハイパワーは諸刃の剣となる。その課題解決策として1992年に投入されたビッグバン・エンジンは、その後のGPマシン開発の方向性に大きな影響を与えたエポック・メイキングな技術であった。
出典『ホンダ・NSR500/ウィキペディア(Wikipedia)

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)