Modeling-Works

モデリング・ワークスは、模型の製作工程や完成品をご紹介。また、ラジドリやミニ四駆などの記録を掲載する趣味のサイトです

TAMIYA ミニ4駆 ブラストアロー その1

calendar

ミニ四駆PROシリーズ No.35 ブラストアロー BLAST ARROW その01
ついに手を出した ミニ四駆!
買ってしまった…。
ミニ4駆 ブラストアロー01-1

ミニ四駆PROシリーズ No.35 ブラストアロー BLAST ARROW
早速、組み立て!
①まずはボディ全体に「ガンメタル」
ミニ4駆 ブラストアロー01-2
シェイクダウンに向けて・・・カーボン柄塗装
①全体に下地色(例:ブラック)
ミニ4駆 ブラストアロー01-4
②カーボン柄にしたい部分を「ストッキング」でくるむ
ミニ4駆 ブラストアロー01-5
③上から重ね塗り(例:ガンメタル)して「カーボン柄塗装」
ミニ4駆 ブラストアロー01-6
④仕上げに窓枠と車体後部フィンをシルバー塗装して
ミニ4駆 ブラストアロー01-3
⑤ステッカー(仮)を貼って完成!
ミニ4駆 ブラストアロー01-7
ミニ4駆 ブラストアロー01-8
※カーボン柄塗装の順番は①シルバー系、②ブラック系にした方が綺麗になりそうです。

BLAST ARROW
【 ミニ四駆レースに旋風を巻き起こす新マシン登場 】
ダブルシャフトモーターが特長のミニ四駆PROシリーズに、新シャーシ「MA」を採用したブラストアローが登場です。駆動効率を追求し、組み立てやすさも考えたシンプルな一体構造シャーシが特徴。さらに、空気抵抗を少なく、各部の冷却も考え抜かれたエアロデザインとしました。ボディはルマン24時間レースなどを走る、実車のプロトタイプレーシングカーをイメージ。実車ムードを高めるローハイトタイヤ&フィンタイプのホワイトホイールが足元を引き締めています。また、ボディに映えるレッド&ブルーのカラーリングは専用のメタリック調ステッカーで手軽に再現できます。
出典『タミヤ公式(tamiya.com)


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)